Cloud9 に jupyter をインストール

様々な方法があるようですが、ここでは anaconda を利用します。

jupyter のインストール

# anaconda のインストール
$ wget http://repo.continuum.io/archive/Anaconda3-4.0.0-Linux-x86_64.sh
$ bash Anaconda3-4.0.0-Linux-x86_64.sh
$ echo 'export PATH="/home/ubuntu/anaconda3/bin:$PATH"' >> ~/.profile

# anaconda の更新
$ conda update conda

# jupyter のインストール
$ conda install jupyter

jupyter の実行

$ jupyter notebook

jupyter の設定

# ノート保存先の作成
$ mkdir notebooks

# 設定ファイルの作成
$ jupyter notebook --generate-config

# ログインパスワードの sha1 計算
$ python -c "from notebook.auth import passwd; print(passwd())"

# 設定ファイルの編集
$ c9 open ~/.jupyter/jupyter_notebook_config.py
c.NotebookApp.ip = '*'
c.NotebookApp.notebook_dir = 'notebooks'
c.NotebookApp.open_browser = False
c.NotebookApp.password = 'sha1:<password>'
c.NotebookApp.port = 8080

Cloud9 のプロジェクト実行設定

Preferences > PROJECT SETTINGS > PROJECT > Run Configurations にて Add New Config で追加し、Set As Default でデフォルトにすると、右上の Run / Stop (F5) ボタンで起動/終了できるようになります。

jupyter 拡張機能のインストール

# IPython-notebook-extensions のインストール
$ git clone https://github.com/ipython-contrib/IPython-notebook-extensions
$ cd IPython-notebook-extensions
$ python setup.py install

# RISE のインストール
$ git clone https://github.com/damianavila/RISE
$ cd RISE
$ python setup.py install

# jupyter_cms のインストール
$ pip install jupyter_cms
$ jupyter cms install --user -s 
$ jupyter cms activate

python 便利モジュール

# seaborn
$ conda install seaborn

# pivottablejs のインストール
$ conda install pivottablejs

# pivottablejs の実行
from pivottablejs import pivot_ui
pivot_ui(df)

ipython の設定

$ c9 open ~/.ipython/profile_default/startup/00_start.ipy
%matplotlib inline
from matplotlib import pyplot as plt
import seaborn as sns
from pivottablejs import pivot_ui
import numpy as np
import pandas as pd